マタロ2015

強さと新鮮さ、パワーと伝統。 スリリングなプロジェクトのための偉大なフルーツと若者。

農家: “Castell de Grabuac”、1864年以来、スリル家の所有する不動産、17世紀以来の歴史。
ブドウ畑:1174年以来、地中海栽培とワイン醸造のブドウ畑を所有しています(最初の歴史的出来事)。 1996年以来生態学的に認定されたブドウ園。
Mataró:同名のカタロニア語の様々な種類の都市。 2015年までは桜の畑でした。
品種:Monastrell(マタロとも呼ばれる)。
床:フランコ – きれいで、浅く、よく排水されています。
Orography:高度300m、傾斜10%、低音が存在する。
収量:3.000Kg / Ha。
収穫:雨季の冬、春の前の雪、暑いと湿った夏と雨の9月。
セラー:2015年9月29日に自発発酵と10日間のマセレーションで収穫。 500リットルのキャスタニヤブッシュでの押しつぶされたマロラクティック発酵。
エージング:Bocanes de Castanyer(500リットル)で6ヶ月。
ボトリング:2016年3月4日、硫黄を濾過または添加することなく。
エイジング:ワインは5年間ボトル上で改良されます。
生産:950本。
サービスの温度:12-14ºCワインのプロファイル:多くの黒い果実と強く長い後味を持つ家畜化のないジュース。

アルコール:12.87%
酒石酸の酸性度:5.6g / l
揮発性酸度:0.69g / l
pH:3.3
残糖:1.2g / l
総SO2:3mg / l

製品ファイルをダウンロードする 

カテゴリー: